化粧水はアンチエイジングを支えている|老化に逆らおう

レディー

コスメを使う前に

鏡を見るレディー

バリアが侵されがち

肌のバリア機能の崩れは、アトピー肌の場合よく見られる症状です。アトピー肌では、部分的な炎症が頻繁に起こります。こういった炎症は、バリア機能を大幅に低下させる要因です。また、乾燥傾向や不安定な肌の状態もアトピー肌に伴いがちなトラブルに挙げられます。日頃から様々なトラブルを抱えているアトピー肌は、慢性的なバリア機能の低下に陥るのが問題です。バリア機能が正しく働くことで、細菌はもちろん化粧品の刺激からも肌は守られます。実際、乾燥肌や敏感肌の方は、化粧品にアレルギー反応を示す頻度が高いです。バリア機能が保ちにくい肌は、角質の隙間から様々な刺激が伝わります。特にこのような傾向が強く見られるのが、アトピー肌です。

軽めの製品を使おう

化粧品の中でも、特にアトピー肌に刺激を与えやすいのがファンデーションです。ファンデーションには油分が含まれることが多く、少なからず肌に負担をかけます。バリア機能が崩れていると、肌のきめが乱れて表面が凸凹しがちです。油分や添加物はこのような部分から浸透し、肌の奥まで影響を与えます。従って油分の多いファンデーションは、アトピー肌の場合避けるべきアイテムです。肌への影響を少なく出来るのが、浸透しにくいテクスチャーのファンデーションです。オイルフリータイプであれば、さらに効果があります。粉状の軽めのファンデーションなら、バリア機能が崩れていても比較的安心です。このような製品は肌表面に留まることから、内部に刺激が伝わりにくくなります。